30代からのメンズファッションコーディネートをMARC ARROWS(マークアローズ)がご提案



当店は8,640円(税込み)以上お買い上げで送料無料! 平日14時までのご注文は即日発送!



RSS
 

ファッション用語集【マ行】




▼マ行






マドラスチェック「Madras check」 インド南東部のマドラス地方で織られている平織りの丈夫な綿織物によく見られる格子柄。天然染料を用いた野趣のある渋い色合いの多色使いが特徴である。

マリンストライプ「Marine stripe」 マリンは仏語で「船員、海軍」の意。海で働く男たちが着ているシャツなどによく用いられる白とネイビーブルーを交互に配列した縞柄を言う。






ミニマリズム「Minimalism」 ミニマルは最小限の意味で、建築分野発祥の用語。装飾性のある要素をできる限り省き、シンプル化した中に本質を見出そうとする芸術上の考え方。ファッションでは極限までシンプル化した、衣服の本質を追求したモノづくりを指す。






無撚糸 撚りのない糸。紡績糸は撚りがないと糸の形態を保てないが、フィラメント糸は撚りが無くても糸としての形態を保つことができ、強力も強く柔らかで、バルキー性に富んでいる。





メランジ「Melange」 混合、寄せ集めの意味。
1.ばら毛染め、またはトップ染めの異色の羊毛を混合(混色)した紡績糸を用いて織りや編みを表した霜降り糸。先染織物やニット生地の配色効果の一種。
2.複合繊維織物の後染め、先染めによって表した霜降り色。カラーミックスともいう。


メルトン「Melton」 経糸、緯糸に5〜20番の太い紡毛糸を使った柔らかい織物。平織、または綾織に織ったあと、縮充、起毛して、毛羽が目立たずに地の目を覆う感じの表面仕上げを行う。毛羽は短く剪毛して揃えるので、布面は平滑であるが暖かい感じで光沢は全くない。語源についてはイギリスの狐の狩猟地メルトンモーブレーから来たとする説と、この織物の創始者ハローメルトンの名からきたとする説がある。





モノグラム「Monogram」 氏名の頭文字などを装飾的に図案化した組み合わせ文字。洋服やハンカチーフなどに刺繍して用いられるほか、ルイヴィトン、シャネルなどのラグジュアリーブランドのモノグラム商品の人気は根強い。









ページトップへ